「ほっ」と。キャンペーン

タグ:フィレンツェのB&B ( 2 ) タグの人気記事


2007年 01月 05日

ラ・カーサ・ミーア、一番人気のB&Bカーサ・チマブーエ

d0086700_6244594.jpg
こちらは、ラ・カーサ・ミーアでご紹介しているB&Bのなかで一番人気があるカーサ・チマブーエです。シンプルですが、良心価格、清潔な室内と、心のこもったサービスがうれしい小さなB&Bです。
ダブルまたはツインルーム、またはトリプルルームがあり、各部屋にはシャワータイプの浴室がついています。冷蔵庫はありませんが、ドライヤーはあります。インターネット接続も可能です(お部屋には直通電話はありません)。
写真は、B&Bのおかみさん、フローラさん(働き者の典型的なイタリアマンマです)、息子さんのジョバンニさん、そしてフローラさんのお姉さんです。働き者の女性陣のお陰で館内はいつもピカピカです。


d0086700_6254681.jpg

ダブルルームのシングルユース(お一人様利用) 
1泊あたり55ユーロ~

ツインまたはダブルルーム(お二人様利用) 
1泊あたり70ユーロ~

料金は全て税込み、下のバールでの朝食(カプチーノとブリオッシュ)込みです。

他のB&Bについても同じですが、ラ・カーサ・ミーアを通じて、B&Bのご予約をされる場合、ご予約手数料は無料です。お伝えする料金は、B&B提示のご希望期間の通常料金となっており、直接ご予約になっても料金は変わりません。

空室状況、料金についてのお問い合わせは以下のお問い合わせフォームからどうぞ。
お問い合わせフォーム
[PR]

by firenzekurashi | 2007-01-05 06:41 | フィレンツェのB&B
2006年 12月 04日

イタリアの「ベッド・アンド・ブレックファースト」について

最近、イタリアでもB&Bという宿泊形態が増えてきました。
B&Bとは、「ベッド&ブレックファースト」の略で、イギリスを中心にヨーロッパで一般的な宿泊形態です。イギリスでは、一般家庭や農家が空いている寝室を貸し、朝食を出すようなタイプのようですが、イタリアでは一言にB&Bといっても色々なタイプがあります。

タイプ①一般家庭が寝室を貸し、朝食を出す場合
イタリア人とのふれあいがあり楽しいというメリットがある反面、イタリア語が出来ないと交流が取りづらく、かえって遠慮してしまいゆったり滞在できないというデメリットもあります。

タイプ②部屋数6部屋程度のプチホテルタイプ
イタリア語は出来ないけれど、ビジネスホテルには泊りたくないという方にお勧めの宿泊タイプです。
大概、オーナーファミリーが受け付けをやっているので、安心感があり、同じ値段のホテルと比べると、部屋が割りと広く、内装もお洒落で清潔な宿泊施設が多いです。
私が運営しているメインサイトラ・カーサ・ミーアでも、このタイプのB&Bを紹介しています。

ホテルとB&Bの違いは・・・

常にレセプションに人がいるホテルと違い、夜7時以降は受付に人がいなくなるB&Bでは、到着時間を予約時に伝える必要があります。また、必ず、到着時間が変更になる場合には、連絡をしましょう。

ありきたりのホテルではないB&B選びも楽しいですよ。

ラ・カーサ・ミーアのフィレンツェ厳選B&B

人気blogランキングへ
[PR]

by firenzekurashi | 2006-12-04 00:36 | フィレンツェのB&B